2018年08月20日

比較2018' ヘルシオのお茶プレッソ人気7機の性能とおすすめ:レシピ・口コミの紹介:紅茶・烏龍茶・緑茶などおすすめ茶葉材料

【今回レビューする内容】2018年 シャープヘルシオお茶プレッソの価格・評判や使い方・選び方のおすすめ:紅茶・ウーロン茶も対応! SHARP HEALSIO お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B TE-GS10A-W TE-GS10B-G TE-GS10B-T TE-TS56V-G TE-TS56V-R TE-GS10A-R 機種の違いや掃除やお手入れ方法・口コミ情報など

今回のお題
美味しいお茶が飲めるお茶プレッソはどの機種がおすすめ?

 どもAtlasです。

 今日は、シャープのヘルシオお茶プレッソの紹介です。

 201808201046.jpg

 本格的にお茶が淹れられる点で評判を呼び、専門誌などでも特集が組まれた、最新かつ野心的な家電です。

 今回の記事では、現在3シリーズ7製品ラインナップされているヘルシオお茶プレッソの機能の違いを比較します。

 その上で、お茶プレッソの基本的な使い方や、おすすめの茶葉お手入れ(掃除)の方法などを順番に説明していきたいと思います。

1・お茶プレッソにできること!

 201611031226.jpg

 1・ヘルシオ お茶PRESSO TE-GS10A-W
  ¥7,580 Amazon.co.jp
(8/19執筆時)

 シャープの「ヘルシオお茶プレッソ」は、手軽に機械が点てた美味しいお茶が飲めるというコンセプトの商品です。ただ、作られるお茶の味は、急須で入れるお茶とも、点てた抹茶とも異なります。 

 従来品と一番近いのは、粉末茶でしょう。カテキンが丸ごと取れる健康効果で流行しているものです。ただ、お茶プレッソの場合、直前に石臼で挽くため、その味は既製品の粉末茶のレベルを超えています。


 お茶プレッソの本体構造はシンプルです。

 1・お茶臼で茶葉をひき、2・お茶を沸かし、3お茶を点てるという3つがその機能の全てと言えます。以下、順番に解説していきましょう。

pt.1・お茶を挽く!

 201406161052.jpg  

 第1に、「挽く」という工程です。石臼(セラミック)が低速回転し、茶葉をきめ細やかな粉末にしていきます。

 粉末茶自体は、家庭用の(ミル)ミキサーでもできますが、ミキサーでは引き切ることができません。その点、石臼方式は最善の方法だと思います。

 201406161106.jpg
実際、ミキサー(ミルサー)で作った茶葉は、市販のような粉末茶にはなりません。

 

 Kalita セラミックミル C-90 (ブラック)
  ¥6,617 Amazon.co.jp
(8/19執筆時)

 なお、低回転で臼を回す方式は、高級コーヒーミルの方式と同じです。「挽く」という意味では両者は同じですから、この機能を応用したのだと思います。 

 ミルは1回で4グラムまで挽くことが可能です。粉末が2gあれば3杯ほどのお茶が入るため、1日一回挽いておけば十分足りるでしょう。なお、粉末茶をミルから取り出して、ケースに入れる作業は手動です。

pt.2・お茶を湧かす!

 201406161058.jpg

 第2に、「沸かす」行程です。

 これもコーヒーメーカーと共通するところがあります。日本の水道水の事情から「水を沸騰させ、カルキ成分を取り除くことが意図されているからです。

 コーヒーメーカーと違い、抹茶は沸騰温度よりもやや低めで淹れるので、そういった温度調整もなされます。

pt.3・お茶を点てる!

  201406161102.jpg

 第2に、「点てる」行程です。回転する羽根で粉末茶を点てていきます。茶せんでお茶を点てる方法を真似ているため、粉末茶に最適なかくはんが可能です。

 お茶を淹れるまでにかかる時間は、1杯の場合3.5分、3杯だと6.5分です。

 201406161116.jpg

 操作ボタンは以上のようになります。粉末茶をケースに入れるタイミングは、メロディで教えてくれます。

 なお、冷水を入れることで、粉末茶から冷茶の作成も可能です。夏には嬉しい機能です!その他、牛乳を入れることでラテも作れます。

2・お茶プレッソの機能の違い

 つづいて、現在の「お茶プレッソ」のラインナップを比較・紹介します。

 201611031226.jpg

 1・お茶PRESSO ホワイト系 TE-GS10A-W
  ¥7,100 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 2・お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B
  ¥7,480 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 3・お茶PRESSO レッド系 TE-GS10A-R
  ¥6,850 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 TE-GS10Aシリーズは、はじめに発売されたお茶プレッソのオリジナルモデルです。3色展開ですが、違いは色だけで、機能差はありません。

 上で紹介した「挽く」「湧かす」「点てる」という基本機能を網羅するスターンダード機と理解してください。


 201611031230.jpg

 4・お茶PRESSO グリーン系 TE-GS10B-G
  ¥8618 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 5・お茶PRESSO ブラウン系 TE-GS10B-T
  ¥8,399 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 TE-GS10Bシリーズは、2015年に追加販売された上位モデルのお茶メーカーです。

 201611031253.jpg

 大きな機能差は、臼で「挽く」部分の改善です。

 第1に、の点では、下位機種の場合、臼の粒度は最大20ミクロンでした。こちらの場合、最大15ミクロンまで挽けるため、より「まったり」「すっきり」飲めます。

 第2に、時間の点では、従来機種の場合2分かかっていた挽き時間が、1分40秒に短縮されました。

 第3に、使い勝手の点では、茶葉投入口が広くなり、下位機種よりも投入しやすくなりました。また、前面に帯電防止加工が施され、粉砕したお茶の不着を抑えられるようになりました。

 こうした点で従来機の能力を改善した機種がTE-GS10Bシリーズです。お茶メーカーは「趣味性が強い」製品ですので、お茶の味に、よりこだわりたい場合は、こちらが良いででしょう。


 201611031243.jpg

 6・お茶PRESSO グリーン系 TE-TS56V-G
  ¥14,900 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 7・お茶PRESSO レッド系 TE-TS56V-R
  ¥11,985 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 TE-TS56Vシリーズは、お茶プレッソのプレミアムモデルです。

 下位機種との機能面の違いは2つです。

 201611031255.jpg

 第1に、約70度の「ぬるめ」のお茶に対応したことです。

 もちろん、沸騰温度にした後に冷ます構造なので、ぬるめでもカルキの残留の心配はありません

 普通の煎茶はともかく、ちょっとした「高級茶」はあまり高温で淹れると、せっかくの甘みが飛んでしまうので、それを緩和できるのは良いと思います。なお、ぬるめ茶は、冷風ファンで冷やして作るため、お茶ができるまでの時間は同じです。

 第2に、容量が増加し、一度に4杯までお茶を淹れられるようになった点です。

 下位機種は3杯までなので、容量の面でもパワーアップしています。

 その他の点では、先ほど紹介したTE-GS10Bシリーズと同じです。もちろん、臼は、15ミクロンカット対応の「新型」です。

 以上、TE-TS56Vシリーズの紹介でした。「ぬるめ」対応は「マイナーチェンジ」に思えますが、「まろやかで甘いお茶」を淹れられるので、味の点でとことんこだわりたい場合は良い選択肢でしょう。

3・お茶プレッソの健康効果

 さて、お茶プレッソですが、そのメリット性の1つは、その健康効果です。

 急須でお茶を淹れるのと異なり、茶を全て「食べる」ことになるために、カテキンやビタミンE、食物繊維などが効果的に取れます

000034294.png

 カテキンについては、約1.9倍の量です。カテキンはダイエット効果もあります。

4・利用できる茶葉の種類

 ここで、お茶プレッソで利用できるお茶の種類を確認しておきましょう。

 

 小野園 鹿児島県産 有機緑茶 緑印 100g
  ¥648 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 茶の大胡 やぶきた静岡深むし茶 200g
  ¥699 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 大塚製茶 掛川茶 深蒸し茶 300g
 ¥1,080 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 

 伊藤園 おーいお茶 濃い茶 100g
  ¥827 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 もちろん、緑茶を作ることが可能です。どの茶葉を使っても良いですが、味が濃い目とされる茶葉の方が粉末茶には向くようです。

 

 碾茶 宇治産 100g入り 日本茶
  ¥2,160 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 また、より「抹茶」に近い甘い味を得たいならば、碾茶を使うのが良いです。

 碾茶は、抹茶用に加工したお茶のことで、煎茶とは製法が違います。なお、製法も歴史を辿れば、こちらの方が古いです。


 

 謝さんの香る烏龍茶 凍頂四季春茶 80g 
  ¥1,080 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 

 トワイニング ビンテージダージリン 100g
  ¥1,977 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 このほか、 ウーロン茶や紅茶を挽いて、粉末茶にして淹れることも可能です。ただ、お茶なら何でもOKというわけではなく、麦茶・黒豆茶・玄米茶・そば茶・ジャスミン茶など、花や細かい素材、固い素材が入ったものは石臼が壊れてしまうのでNGです。

 基本、葉の部分で茶葉の大きさが細かめのお茶ならいけます。例えば、白茶やプーアル茶も、固まりでないものならいけるでしょう。

 

 お茶プレッソ用 お茶うす TH-GU1
  ¥7,800 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 お茶プレッソ用 お茶うすTH-GU2
  ¥4,955 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

なお、複数の種類のお茶を引き分ける場合、別売りのお茶臼を購入しても良いでしょう。2種類ありますが、TH-GU2 は、4杯対応の最上位機種専用です。それ以外の機種は、TH-GU1になります。

5・お茶プレッソのお手入れ

 201406161124.jpg

 お茶プレッソのお手入れは簡単です。基本的には、お茶容器と回転羽をゆすぐだけです。これらは水道で洗えます。

 201406161125.jpg

 臼の部分のお手入れは、1ヶ月に1回ほどで大丈夫です。専用のブラシで茶粉を払う感じですね。

今回の結論
「お茶プレッソ」のおすすめはこの機種!

 というわけで、今回は、現行のお茶プレッソを全機種紹介しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、基本的に格安の煎茶・深蒸し茶を中心に利用する場合で、味にこだわりたい場合におすすめなのは、

 201611031230.jpg

 4・お茶PRESSO グリーン系 TE-GS10B-G
  ¥8,618 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 5・お茶PRESSO ブラウン系 TE-GS10B-T
  ¥8,399 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 新型の臼を搭載した中位機種である、TE-GS10Bシリーズが良いと思います。

 従来機に比べてお茶がより細かく粉砕できるので、お茶の味は下位機種と明確に違います。手入れの部分でも、帯電加工がなされお茶の飛散防止に配慮がある点も嬉しい部分です。


 第2に、比較的高級なお茶・抹茶用茶葉なども利用したい方におすすめなのは、

 201611031243.jpg

 6・お茶PRESSO グリーン系 TE-TS56V-G
  ¥14,900 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 7・お茶PRESSO レッド系 TE-TS56V-R
  ¥11,985 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 プレミアムモデルTE-TS56Vシリーズでしょう。

 高級茶葉の持つ「甘み」を引き出せる「ぬるめ」モードが付属する点を評価しました。沸騰させてから冷却したお湯を利用するため、カルキの心配がないのはもちろん、空冷方式を採用することで手早く入れられる点も評価できます。

 ただ、さほど高級な茶葉を利用しない方は、さきほど「おすすめ」した中位機種で十分でしょう。


 第3に、比較的手軽に、粉末茶を楽しめる入門機としておすすめしたいのは、

 201611031226.jpg

 1・お茶PRESSO ホワイト系 TE-GS10A-W
  ¥7,100 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 2・お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B
  ¥7,480 Amazon.co.jp (8/19執筆時)
 3・お茶PRESSO レッド系 TE-GS10A-R
  ¥6,850 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 TE-GS10Aシリーズでしょう。1万円以下で購入できる機種ですが、「湧かす」挽く」「点てる」という基本性能は同じように網羅します。

 点てられるお茶は十分美味しいですし、「お茶メーカー」で作ったお茶を手軽に楽しむには十分な機種です。

 煎茶に較べて栄養分が取りやすいという利点もありますので、健康効果の点でも買って損はない製品だと思います。


 

 ネスレ SPECIAL.TST9662.62-RD
  ¥3,385 Amazon.co.jp (8/19執筆時)

 なお、緑茶が淹れられる製品としては、以前別の記事で紹介したネスレ社のスペシャルティーがあります。

 こちらの場合、専用カプセルを使う方式で、お茶もどちらかと言えば「グリーンティ」なので、緑茶ベースで考えるのであれば、ヘルシオのお茶プレッソの一択でしょう。

ーーーー

 以上、今回はお茶プレッソを紹介しました。

 このブログでは、以下のようなコーヒー・お茶などの調理家電の記事をこれまで書いてきました。

1・コーヒーメーカーの比較
2・コーヒー豆の比較
3・小型電気ケトルの比較
4・冷めにくいマグカップの比較  
5・カプセル式紅茶メーカーの比較
6・グラインダー・ミルの比較

 これらもよろしくお願いいたします。

 記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 10:59 | 調理家電
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png