2017年11月19日

比較2017'【お買得】必要ソフト別 Office 2016の選び方や激安購入法!Microsoft Office 2016 Personal Home and Business Professiona版・アカデミック・無料オフィスソフト

【2017-2018年】 Office 2016や互換ソフト・無料Officeの価格・選び方とおすすめ:Windows アカデミック版・互換ソフト・アップグレード版Microsoft Office 2016 Home and Business 2016 , Personal 2016, Microsoft Office Professional 2016 Open Office 2016 Microsoft Office 365 Solo Word Excel PowerPoint Outlook Access 2016 キングソフト WPS Office Gold Edition Standard Edition ・イーフロンティア・EIOffice2013 口コミ情報

今回のお題
Microsoft Office2016は必要?また、最も安く手に入れるためにおすすめの方法は?


 ども、Atlasです。

 今日は、2017年現在において、最新のパッケージ版となる「Microsoft Office 2016」を紹介します。

 とくに、使用可能なライセンス台数や、アカデミック版(学生・教職員版)、ダウンロード版、パッケージ版などの違いもふまえて、どのように買えばお買得か?を考えてみます。

  201711191828.jpg

 また、キングソフトなどの他社製の互換Officeや無料のOfficeスイートについても、比較しながら説明しています。

 なお、なお、本ブログには、PCソフト関連記事として、以下のものがあります。
 今回は、1番の記事で、Windows版に特化した記事です。そのため、Macユーザーの方は、お手数ですが2番のリンク記事をご覧ください。

Officeソフトの選び方の基本

  はじめにソフト構成の紹介です。以下の4種類が基本となります。



 Microsoft Office Personal 2016
  ¥29,252 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

 第1に、最も基本的なソフト構成のものがが、パーソナル版です。

 ワード(ワープロ)+エクセル(表計算)+アウトルック(メールソフト)が全て付属した「総合オフィスソフト」としては最も安いです。ただし、プレゼンテーション作成ソフトとして企業や大学でほぼ必須と言える、パワーポイントが付属しません。PC2台までインストール可能です。

 なお、以前のオフィス2013とオフィス2016の相違点は、インターフェースの配色が変更になったほかは、クラウド機能の強化・Mac版とのインターフェースの共通化・テンプレートの強化・初心者アシスト機能の強化などです。

 機能は増えましたが、起動速度や安定性は、2013と同様であり、問題ありません。


 
 Microsoft Office Home and Business 2016
  ¥34,160 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

 第2に、上位機種となるのが、ホームアンドビジネス版です。

 こちらは、ワード+エクセル+アウトルックのほか、プレゼンソフトのパワーポイントと、高性能メモ書きソフトのワンノートが付属します。大学生やビジネスマンの方が選びたいモデルです。

 PC2台までインストール可能です。



 
  Microsoft Office Professional 2016
  ¥58,703 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 第3に、最も高額なのは、プロフェッショナル版です。

 こちらは、簡易的なDTPソフトであるパブリッシャーと、高度なデータベースソフトのアクセスも付属するフルパッケージです。こちらもPC2台までインストール可能です。

 なお、こちらについては、アカデミック版があります。それついては、後ほど別に項目を立てて解説します。


  

 Microsoft Office 365 Solo(1年版)
   ¥11,581 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 第4に、Microsoft Office 365 Soloは、年間ライセンス版です。ここまで紹介してきた機種は、1度買えばいつまでも使える永続ライセンス版ですが、こちらは1年ごとの契約更新が必要です。

 搭載されるソフトはProfessional版と同じ構成です。相違点は4つです。

ーーー

 第1に、PC2台分のライセンスの1つを、Macにも割り当てられる点、

 第2に、OneDriveという1TB分のオンラインストレージが無料で使える点、

 第3に、PCライセンスとは別にiOSとAndroidのスマホ・タブレット用に2台ライセンスが付く点、

 第4に、新しいオフィスソフトが出た場合、無料でアップグレードできる点、

ーーー

 です。

 ワンドライブの無料利用権は、かなりのメリット性です。というのも、同様のDropboxの場合、1TB運用で年間利用料が1万円以上の利用料が必要だからです。

 それを考えれば、Microsoft Office 365 Soloはオンラインストレージに「おまけ」でOfficeソフトが付いているとも考えられるので、オンラインストレージの契約、または乗り換えを考えている方は、Microsoft Office 365 Soloが良いかもしれません。

 44c3857b-14b3-4578-8941-4334db592b4e_26.png

 Dropboxと同じような仕組みで、ウェブブラウザに依存せずにフォルダ単位で同期可能です。フォルダーに保存したいファイルをドラックアンドドロップするだけです。また、フォルダ上のファイルを上書き保存(つまりファイルを保存する場所をワンドライブのフォルダに設定)すれば、自動更新もできます。

 なお、これまでの所オフィスは3年周期ほどで新バージョンがになります。そのため、常に最新版にするなら「Microsoft Office 365 Soloの価格×3年分」で、パッケージ版と比較するのが賢明でしょう。

ソフトの賢い選び方

 このほかに、オフィスは、必要なソフトだけ単品で買うこともできます。ただ、単品を3本買うよりも、パッケージを買った方が安いです。

 201603230800.jpg

 Microsoft Word 2016
 Microsoft Excel 2016
 Microsoft PowerPoint 2016
 Microsoft Publisher 2016
 Microsoft Access 2016
  ¥14,526〜 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 オフィスソフトを「お買得」に購入しようとする場合、自分が真に必要なソフトをまず考えてください。

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 基本的な「選び方」を解説しておきます

 初めてパソコンを買われる初心者の方は、少なくともワープロソフトであるところの「Word」は必要でしょう。パソコンを仕事に使わないのならば、Wordだけでも良いと思います。

 ただ、大学生の場合と、仕事に使う場合は別です。表計算ソフトのExcelは、仕事では絶対に必要なソフトです。また、大学生なら文系でも、理系でもリテラシーの授業などでは必須です。

 プレゼンテーション作成ソフトの「パワーポイント」は、多くの企業の営業職では必要でしょう。また、大学の授業のプレゼンでも使う場合があります。

 

 Microsoft Office Home and Business 2016
  ¥34,160 Amazon.co.jp (11/19執筆時) 

 オフィスソフトを「お買得」に購入しようとする場合、自分が真に必要なソフトをまず考えてください。

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

 そう考えると、大学生や社会人向けには、ワード・Excel・パワーポイントの付いたホーム&ビジネス以上を買っておけば間違いないと言えます。

 なお、現行バージョンのオフィスは、「ダウンロード版」はもちろん、デンキヤなどにある「パッケージ版」も、インストールDVDを添付することを全面的に廃止しています。

 「パッケージ版」を買った場合も、パッケージの中身はダウンロードコードの書いた紙だけです。いずれにしても、インターネット経由でソフトをダウンロードする必要があります。また、パッケージ版でも説明書や保証書の類はつきません

オフィスのOEM・アップグレード版

 topcom_70002').jpeg

 オフィス2016では、以前のバージョンにあった、フロッピーディスクなどと抱き合わせで販売されていたOEM版が全面的に廃止されました。

 加えて、アップグレード版も原則廃止されました。そのため、以前の製品からアップグレードしたい方も、通常版を購入することが基本になります。

オフィスのインストール可能なPCの数

 オフィスのインストール可能台数については、パーソナル版、プロフェッショナル版、単体製品の区別にかかわらず、どれも2台のパソコンまでOKになります。  

 インターネットチェック方式のアクティベーション(ライセンス認証)については、従来通りの厳格なものです。パソコン2台以上へのインストールは、オンラインライセンス認証プログラム(アクティベーション)によりエラーになります。

 3台目はインストールできません。また、別のパソコンに再インストールの場合も電話認証が必要になります。

 なお、インストールに必要なパソコン性能については、「SSE2 対応の 1GHz プロセッサ」という要件になります。最新5年間のパソコンはもちろん対応。Celeron/Pentium4/Core 2 DuoなどもSSE2対応ですから問題ないでしょう。

   

 【認証コード】

 Windows 10 Home (32bit/64bit )
  ¥16.899 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 ただし、インストールには、WIndos7以上のOSが必須です。さほどいないとは思いますが、Windows VistaやWindows XPユーザーは、インストールにあたっては、まずOSをアップグレードする必要があります。

 なお、最新のWindows10のOSは、Windows7までとは異なり、PC1台までのインストールしかできません

 また、Windows10には32bit版と64bit版があります。両者ともにオフィスは問題なく稼働します。しかし、32bit版は4GB以上のメモリを認識しないので、基本的には64bit版が良いでしょう。

オフィスのアカデミック版について

 

 ※Amazon Student加入割引時

 Microsof Office Academic 2016
   ¥27,508  Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 Microsof Office Academic 2016
  ¥30,024 大学生協 (11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 つづいて、アカデミック版についてです。Office2016でも最高価格の「プロフェッショナル」については、アカデミック版はあります

 ただ、2016年から販売条件が相当厳しくなり、Office for Mac Academic 2016が入手方法はかなり限定的です。


 201705221615.jpg

 第1に、大学生・大学院生の場合、Amazonで購入できます。リンク先の表示は通常版と同じ価格が出ていますが、Amazon Student会員になると、表記価格の54%引きになります。そのため、学生ならば、Mac Home and Student 2016より割安に購入可能です(執筆時現在)。

 なお、Amazon Student会員 とは、「アマゾンプライム会員 」の「学生版」です。「お急ぎ便送料無料」や「本の10%ポイント還元」「アマゾンビデオ・ミュージック使い放題」などの特典が付属する有料サービスです。年会費1,900円ですが、6ヶ月無料で退会自由ですので、大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生ならば、この買い方が最もお得です【Amazon Studentの特典について詳しくは→こちら

 第2に、教職員の場合、Amazonでは割引が適用になりません。そのため、大学生協・アップルストア・大手電気店で手に入れる必要があります。ただし、価格はAmazonの「学割」よりもやや高めの水準です。もちろん、学生証・職員証などが必須です。

 なお、実店舗でのアカデミック版の購入対象は「学校教育法で定められた幼稚園、小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学校、または各種学校申請を出している外国人学校」の教職員と学生・生徒です。アドビと異なりPTAにはライセンスされない点が特に重要です。  

 ライセンス数はも通常と同じ2台までになり、パソコン2台までにインストールできます。また、学生は卒業後も使い続けることができ、通常版へのアップグレードも可能です。

オフィスの互換ソフト


   

 キングソフト WPS Office Gold Edition
  ¥7,333 Amazon.co.jp   (11/19執筆時)

【いずれも互換】
 
ワード
 
エクセル
 
パワーポイント

 キングソフト WPS Office Standard Edition
  ¥5,379 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

【いずれも互換】
 ワード
 エクセル

 なお、よく知られているように、Office2016には中国製の互換ソフトがあります。以前は、KINGSOFT Office 2016という名前でしたが、2017年からキングソフト WPS Officeとブランド名称が変わりました。

 インターフェースは似通っており、使い勝手は同じという評判です。

 ただ、社会人と大学生のかたで、初心者の方はオススメできません。慣れていないと、メールの添付資料などとして、正規のマイクロソフトオフィス2016ユーザーにファイルを送った場合、レイアウト(例えば段組など)が崩れたり、フォントが置き換わってしまう場合が多々あるからです。また、Excelなどのマクロの互換性もありません

 送られてきた書類が「ひどく見にくい(醜い)」ものだったら、社会人は評判が落ち、学生は単位が落ちるかもしれません。個人的にも、互換ソフトユーザーからのファイルは困っています。



 イーフロンティア EIOffice Windows10対応版
  ¥2,145 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

【いずれも互換】
 
ワード
 
エクセル
 
パワーポイント

 イーフロンティアから販売されているEIOffice 2013も中国製の互換ソフトです。

 やはり、互換性についてはキングソフト同様の問題を抱えます。


 201507041514.jpg

  Apache Open Office
  ¥0無料 (11/19執筆時)

【いずれも互換】
 
ワード
 
エクセル
 
パワーポイント

 なお、低所得者や途上国向けの国際プロジェクトとしてOpen Officeというオフィスの互換ソフトをダウンロードで無償提供するプロジェクトがあります。

 こちらも(無料ソフトとしてはなかなか優秀ですが)Word・Excel・PowerPointの互換ソフトです。

 ただ、やはり、キングソフトと同様に、レイアウトやフォントの互換性は低いです。実は、たまに学生がこのソフトでレポートを作成してもってくることがあります。(使い方が分かっていないこともあり)概して書式がグチャグチャです。

 いずれにしても、無料ソフト互換ソフトの類は、初心者が下手に手を出さないほうが無難です。表計算ソフトなどは、Open Officeを使うとしても、(社会的評判にも影響するリスクがあるので)せめてWord 2016だけは正規品を買いましょう。

今回の結論
Office2016を最も安く(激安に)手に入れる方法は?

 というわけで、今日は、Office2016のライセンスについて書いてみました。

 どの製品を選ぶべきか?ですが、必要ソフト別に以下のようにまとめてみました。


 第1に、ワード・エクセル・などの単品ソフトが欲しい方は、

 201603230800.jpg

 Microsoft Word 2016
 Microsoft Excel 2016
 Microsoft PowerPoint 2016
 Microsoft Publisher 2016
 Microsoft Access 2016
  ¥14,526〜 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 これらの単品を買われるのが良いでしょう。

 先ほど説明したように、ご自宅で使われる場合で、これまでWordしか使ってなかったような方は、基本的には、単品購入が最もお買得です。


 第2に、Wordに加えて仕事でExcelが必要だろうという方は、


 Microsoft Office Personal 2016
  ¥29,252 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

 単品のWordとExcelを単品でそれぞれ購入するよりも安く購入できるOfficePersonal版が良いでしょう。

 バージョンについては価格差がややありますが、今後のアップデートを考え、できれば最新版をオススメします。


 第3にワード・エクセルに加えてパワーポイントも使う方は、
 
 Microsoft Office Home and Business 2016
  ¥34,160 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

 パワーポイントが付属するMicrosoft Office Home and Business がオススメです。

 特に大学生や新社会人のかたは、仕事でパワーポイントを使う機会もあるでしょうし、こちらを購入した方が良いでしょう。

 第4に、学生や教職員の場合ですが、

 

 ※Amazon Student加入割引時

 Microsof Office Academic 2016
   ¥27,508  Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 Microsof Office Academic 2016
  ¥30,024 大学生協 (11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 フルセット必要ならば、先ほど書いたように、オフィス2016のアカデミック版を買ってください。

 大学生ならば、Amazon Student会員に登録して、購入すると良いでしょう。

ーー

 201603230800.jpg

 Microsoft Word 2016
 Microsoft Excel 2016
 Microsoft PowerPoint 2016
 Microsoft Publisher 2016
 Microsoft Access 2016
  ¥14,526〜 Amazon.co.jp (11/19執筆時) 

 ただし、単品のみ必要ならば、通常版で購入した方が割安です。単品のアカデミック版はありません。


 第5に、オフィスのフルセットが必要な場合ですが、

 
  Microsoft Office Professional 2016
  ¥58,703 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

ワード(ワープロ)
エクセル(表計算)
アウトルック(スケジュール管理)

パワーポイント(プレゼン)
OneNote(高機能メモ)

パブリッシャー(出版・DTP)
アクセス(データベース作成)

 永続ライセンス版ならば、こちらを買うしかありません。

  

 Microsoft Office 365 Solo(1年版)
   ¥11,581 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

ワード
エクセル
アウトルック
パワーポイント
OneNote

パブリッシャー
アクセス

 そのため、年間ライセンス版を買った方が最終的にはお買得だと思います。

 永続ライセンスは、こちらの約5年間分の値段になりますから。

-----

 というわけで、今日は、Officeのライセンス数の話でした。

 最後におまけ!同時にウイルス対策ソフトの購入も考えている方、

  

 5・ESET パーソナル セキュリティ 1年版  
  ¥2,980 Amazon.co.jp
  (11/19執筆時)

 その場合、オススメのソフトとしては、1年ごとの契約で考えると非常に安いキヤノン社の対策ソフトをオススメします。

 また、その他の【セキュリティソフト】については、信頼性や年間維持費などの観点から、【Windows向けウイルス対策ソフトの比較記事】を別に書きました。よろしければ、そちらを参考にしてください。

 では、最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから話題を共有していただければ幸いです!!(↓)

          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png