2017年07月24日

比較2017' フローズンメーカー8機の性能・レシピとおすすめ:ヨナナスメーカーなど各社フローズンメーカーの比較:ドール・ドウシシャ・ツインバード

今回紹介する内容:2017年夏 ドールのヨナナスメーカーなどのフローズンメーカー8製品の性能・レシピとおすすめ:ヨナナス・アイスクリームメーカー・デザートメーカー・シャーベット用冷凍果物を使った作り方 ヨナナス 901RJ-W 901RJ-P ヨナナス 901RJ-W ヨナナスエリート TWINBIRD LULUNA フローズンスイーツメーカー KI-4685W Excelvan フローズンフルーツメーカー FDM-1301 ドウシシャ 大人の氷フローズン ホワイト DCFZ-17W 製品の違いや味のランキン・口コミの評判など

今回のお題
熱い夏に楽しめるフローズンメーカーのおすすめ機種はどれ?


 どもAtlasです。今日は、家庭用フローズンメーカーの比較をします。
 

 もともと「ヨナナスメーカー」という名前で、アメリカのドール社が、自社の冷凍フルーツの販促のため開発したものでした。

 しかし最近は「ジェネリック家電」メーカーからも、同趣旨の「フローズンメーカー」がちらほら出回るようになっています。Atlasも先行的に売られていた米国で知り、しばらく使っていました。

 今回は、ヨナナスメーカーのほか、Excelvanドウシシャ・販売されている「フローズンメーカー」をいくつか紹介したいと思います。

ヨナナスメーカーについて

 201707231455.jpg  

 ヨナナスメーカーやその後発品のフローズンメーカーは、発想としては、かなり単純な機械です。

 基本的なしくみはは、凍らせたフルーツを挿入し、スティック砕いて、フルーツシャーベット状にするだけです。ただ、圧を加えるため、電源を用いるために、力は不要で、お子さんでも楽しみながら安全に料理できる製品です。

 利用できる果物は、バナナ・イチゴ・パイナップル・マンゴーなどのほか、缶詰の桃やミカンなどを凍らせたものです。例えば、ナッツのように硬くないならば、他にもなんでも可能です。

 投入口は、さほど大きくはないので、直径4.3cm以内に切ってから冷凍します。より手軽に考えるならば、例えば、セブンイレブンなどで売っている冷凍マンゴーやブルーベリーは、そのまま入りますね。

 また、これらのフルーツ単体でも利用可能ですが、バナナを利用するないし、混ぜることをドールは進めています。世界的な「バナナメーカー」だけに自社の販促の意味もあるでしょうが、バナナ特有の甘さと柔らかさが、この用途に向いているのは事実です。完熟したバナナほど美味しいでしょう。

 201707231505.jpg

 お手入れは、上記のパーツを洗うことになりますが、本体以外は全て水洗い可能なので、利用後の面倒くささはほとんどありません。このあたりは米国の製品らしさを感じます。

ヨナナスメーカーの種類

 さて、このようなヨナナスメーカーですが、現在2種類の系統のラインナップがあります。

  201505141527.jpg

 【2011年発売開始】

 1・ドール デザートメーカー ヨナナス901
  ¥4,000 Amazon.co.jp
(7/23執筆時)

 【2014年発売開始】

 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-Y
 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-W
 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-P
  ¥3,697 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 【並行輸入品】

 3・ドール アイスクリームメーカー ヨナナス902 並行輸入品
  ¥12,708 Amazon.co.jp
(7/23執筆時)

 ヨナナス901シリーズは、ヨナナスでは最もオーソドックスかつ標準的な製品です。2011年に発売した901の後継となる901RJが現在においても最新版です。は、黄色ピンクホワイトの三色がありますが、どれも性能は同じです。

 ヨナナス901シリーズは、日本未発売モデルですが、「並行輸入品」として手に入ります。しかし、機能面で、これは、日本版のヨナナス901と全く同等の製品です価格も高いですし、選ぶ必要性はありません。


  

 【2016年発売開始】

 4・ドール アイスクリームメーカー ヨナナスエリート 981
  ¥10,336 Amazon.co.jp
(7/23執筆時)

 

 【並行輸入品】

 5・Yonanas 987 Elite Healthy Dessert Maker, Black
 6・Yonanas 986 Elite Healthy Dessert Maker, Red
   ¥26,490 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 ヨナナスエリート981シリーズは、2016年から日本でも発売されるようになった上位機です。モーターが静音仕様で、デザイン的にも高級感を増した製品です。

 ただし、作成可能なフローズンは同じですので実用性の面からこちらを選ぶ必要はありません。

 ヨナナスエリート987/986シリーズは、アメリカ版のヨナナスです。ただし、日本の981の型番と同一の商品です。ただしアメリカには、黒いモデルもあります。

ヨナナスメーカーのレシピ

 201505141551.jpg

 基本的なヨナナスの利用法は、先ほど書いたように、基本的に食べたいフルーツ(イチゴ・バナナ・リンゴ・パイナップル・マンゴー・パイン)などを一口大に切って、凍らせて挿入するだけです。

 ただし、バナナを使わないと、クリーミーなフローズンアイス(ヨナナス)というよりも、シャーベットに近い普通の感じになります。それはそれで美味しいですが。なお、バナナは腐りかけのものの方が適しています。

  例えば「ドールスペシャル」というメーカーのレシピ集に載っているヨナナスを作る場合です。

【材料】2人分
 ・バナナ1本と1/3本
 ・パイナップル1/6個
 ・パパイヤ1/2個
 ・飾り用のバナナ+ミント

 このように、「主成分」は、バナナです。

 201505141553.jpg

 リンゴをメインにする「信州」というヨナナスについてもバナナを多く加えています

 201505141556.jpg

【材料】2人分
 ・バナナ3本
 ・ミニキャロット10個

 なお、野菜をヨナナスメーカーにかけることもできます。写真は、左から、セロリ、ほうれん草、ニンジン、ブロッコリ、アスパラガスのヨナナスです。

  野菜の場合も、バナナを加えて作るとクリーミーとのことです。なお、野菜は下ゆでしてから冷凍することで、ヨナナスメーカーに挿入することができます。

 その他アレンジの余地としては、チョコレートを入れて、ビターなデザート風にしたりなどが考えられます。ただし、いずれも氷を使うことはできない点は注意です。

  

 おいしい!ヘルシー!ヨナナスレシピ
  ¥972 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 より、アレンジして作ってみたい方は、市販のレシピ集があります。30種類ほどのレシピが載っており、ずんだ(青豆)ヨナナスとか、ラズベリーヨナナスチーズケーキなど、よく考えたな!というレシピがあります。

   

 My Yonanas Frozen Treat Maker Recipe Book
  $16.95 Amazon.com
(7/23執筆時)

 本場のアメリカでも40種類ほどのレシピが載った本があります。ただ、こちらは、本扱いではなく、家電の説明書扱いなので、日本のAmazonでは手に入らないようです。

他社のフローズンメーカーの比較

 続いて、ヨナナス以外のフローズンメーカーを確認しましょう。

 最近ラインナップが多くなり、分かりにくい部分があるので、改めて、それらの機能の差をまとめていきましょう。


 

 【2017年発売開始】

 7・Excelvan フローズンフルーツメーカー FDM-1301
   ¥3,700 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 フローズンフルーツメーカーは、米国のExcelvanが製造するフローズンメーカーです。

 仕組みは、後発ですが、ヨナナスと利用法など特に変化はありません。電動式でフローズンアイスが作成可能です。

 お手入れも、ほぼ同じ構造のために、ヨナナス同様に楽です。ただ、利用時の作業音は多少大きいです。


   

 【2017年発売開始】

 8・ドウシシャ 大人の氷フローズン ホワイト DCFZ-17W
  ¥3,970 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 DCFZ-17W は、日本の家電メーカードウシシャが販売するフローズンメーカーです。

 201707231537.jpg

 仕組みは、ここまでの製品と異なって、家庭の氷と牛乳や投入などをまぜ、果物やジャムなどの材料を混ぜてフローズンを作る仕組みです。【レシピ集】は、充実しており、ヨナナスより多種類のフローズンができるでしょう。

 果実を丸ごとフローズンするヨナナス系とは、まったく異なる製品ですが、これはこれで美味しいです。かき氷機で有名な同社らしい製品です。

 お手入れは、専用のブラシも付属しますし、構造的に単純なので、ヨナナス同様に楽です。


    

 【2015年発売開始】

 9・TWINBIRD LULUNA フローズンスイーツメーカー KI-4685W
 
 ¥5,490 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 KI-4685W は、日本の家電メーカーであるツインバード工業が販売するフローズンメーカーです。

   201707231552.jpg

 仕組みは、こちらも本体内部のブレードで、家庭で作った氷を砕いてかき氷にする方式です。

   201707231548.jpg

 できるのはクラッシュアイス(かき氷)ですが、凍らせたフルーツやジュースを利用することで、フローズンが作成可能です。

  201707231551.jpg

 面白いのは、回転数を換えることで、かき氷のほか、柔らかい氷もできる点です。例えばフローズンマイタイの作成も可能です。【レシピ集】は、こちらも充実しています。

 お手入れは、やはり単純な構造ですので、ヨナナス同様に楽です。

今回の結論
フローズンメーカーのおすすめは、結論的にこの機種!

 というわけで、今日は、家庭用フローズンメーカーの比較でした。

 最後にいつものようにAtlasのおすすめ機種!について提案しておきたいと思います。


第1に、バナナを中心としたフルーツを利用してアイスのようにクリーミーなフローズンを作りたい場合は、

  201505141527.jpg

 【2014年発売開始】

 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-Y
 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-W
 2・ドール デザートメーカー ヨナナス 901RJ-P
  ¥3,697 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 ヨナナス901シリーズがよいでしょう。今回紹介した中では、最も充実したレシピ集がありますし、バナナをメインにしたクリーミーなフローズンが食べられますから。

 は、黄色ピンクホワイトの三色がありますが、どれも性能は同じのため、好みと値段で決めてください。


第2に、家庭の氷を利用しつつ、シャーベット系の美味しいデザートが作りたい場合は、

    

 【2015年発売開始】

 9・TWINBIRD LULUNA フローズンスイーツメーカー KI-4685W
 
 ¥5,490 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 ツインバード工業が販売するフローズンメーカーが良いでしょう。

 回転数を変える方式で、柔らかい氷と普通の氷を作り分けることができる点が高く評価できます。実際両方を混ぜて作るとかなり「おしゃれな」デザートを作ることができました。

 構造は単純ですので、材料さえ揃えばコツ要らずで見映えのするデザートができるでしょう。


第4に、ミルク系・ソイ系の味が大好きなかたにオススメしたいのは、

   

 【2017年発売開始】

 8・ドウシシャ 大人の氷フローズン ホワイト DCFZ-17W
  ¥3,970 Amazon.co.jp (7/23執筆時)

 日本の家電メーカードウシシャが販売するフローズンメーカーでしょう。牛乳や投入を使えるのは、構造的にこのタイプだけですので。

 レシピ集も充実しているため、かなり面白く利用できると思います

ーーー

 というわけで、今回は、フローズンメーカーの紹介でした。 

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較

 なお、クリーミーでない普通のシャーベットは、専用機でなくても氷対応のジューサー でも作成可能です。

 そういった製品を含めて検討したい方は、引き続き、上記の記事をご覧ください。いくつか面白そうな機種を比較しましたので、 

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 14:27 | Comment(0) | 調理家電
          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索




          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png